2011年2月21日 (月)

危ない『クオ・カード』とかのはなし

ああ、今日はゆっくりできた。

これも、せいぜい、週1回あれば、「ラッキー」なのよね。

明日からは、また、○獄の日々。

あ、監○は、ありゃ、考えようによっては、
あんな「パラダイス」は無いからね。
(注:監○という言葉はもうありません。暇な方は「刑事」で調べてね。)

税金等不要、衣食住無料。ま、「多少」の不自由はあるが、
生きてる分には問題ないもんなあ~。
あ~あ、日本っていいなあ。

……とか、極めて「退廃的」な思考に陥っているたんすさん。
「家族」のこととかどうでもいいの?

果たして3月末まで、生きているのでしょうか?

 

さて、お話は変わって、ちょっと昔の話。

とある筋から『クオ・カード』をもらったこと。

Photo
クオ・カード(事情により加工をしてあります)

 

ここで、「ナニが」起こったのでしょうか?

 

さあ、ここでたんすさん、どう考えた?

現マネー化!!

よほど生活が苦しいのでしょう。

それとも「お釣り」がもらえないのがイヤ?

ま、見えない価値より、手元の現金にしたいようです。

「換金率」とか、「社会通念」とかは全然気にしていません。

喜び勇んで、とある「場所」にすっとんで行きました。

Photo_2
「何か」(イメージ)

「さ~て、どこにいこうかな?」

Photo_3
「何か」がいっぱいあるビル(イメージ)

………、

「これ、買い取ってください!!!」
(少なくとも「9掛け」の45百円にはなるよね!)

●お店の人

「……、(カードの表と、ウラをしげしげ見て…)」

「これはお買取り出来ません!!」

 

!!!

「なんで~!!!???」

 

ここで、ただでは引き下がらないたんすさん。

「理由をおせ~て!」

 

●お店の人
「(うっせーやつだなあ…)ほら、表、見てみ。
これ、お店で発行したカードでしょ?」

 

「あ、そうですね。でも、なんでそれがダメなの?」

●「(仕方がないなあという顔で)実はね、この手の
カードは、××が○○○ない△△で納品されてるの。
で、□□で××を○○するわけ。
でね、悪い人がいてね、納品△△のカードを「拝借」
して、うちみたいなところに持ってくるのよ。」

「うん、うん。」

●「それをうちが買っちゃったら、大損でしょ?
さらに、お客に売ったら、うちが悪いことになっちゃうのよ。」

「へ~え(すごく感心している)」

●「ついでに、ウラも見てみ。」

Photo_4
ウラ

●「これで、もうアウト。信用できない。とっとと帰れ!」

 

とぼとぼ帰途につくたんすさん。
でも、なんかひとつ「おりこう」になっていい気分。

「ああ、仕方がない。素直にカードを使うか……。」

「あれ?何か変な人がいる。こっちに近づいてきて……、
わあっ!……」

【注】ここより青字部分は完全にフィクションです。
これは、犯罪行為等を教唆、示唆、幇助、推奨等する
ものではありません。
絶対に悪用しないでください。ここから先は、
筆者による「意味の無い」文字の「羅列」に過ぎません。
たとえ、万一意味が理解できたと考えられたとしても、
それは読者の勝手な「推量」といたします。

 

「やあ!読者のみんな!元気かな!?
お~っと。ジェントルマンであるわたしとしたことが。
先に名乗るのを忘れていたな。改めて……。

わたしは、セイギのミカタ「おりこうさんマン」だ!」

「バカ」なたんす、とやらは、
わたしがク○○ホ○ムで片付けて、
そこでくたばっているぞ!

何故わたしが出てきたかって?

は、は、は。

「バカ」なたんすは、この間「スイカ定期拾った」とか抜かして、
「バカ」だから、わかんない。
とか、コメントしていたな。

それを「おりこう」なわたしが「フォロー」するためだ。

世の中「おりこう」に生きなくてはダメだ!
わたしがお前らの身に染み付くように教えてやる!
感謝しろ!

さて、「バカ」なたんすが拾った「Suica定期券」はこんな物だな。

Photo_5
Suica(イメージ)

しかも、あまり大きな声ではいえないが、

「○○○○Suica定期券」だったらしいぞ。

これはなんてラッキー!

ウルトラスーパー超ラッキー!

これを「バカ」なやつが、ぼけーっと届出するとは……。

究極の「バカ」だ。

わたしが正しい対処法を教えてやる。
耳の穴、かっぽじってよく聞きやがれ!

まず、気の小さいヤツの対処法だ。

 

1.裏面のカード会社の連絡先に電話しろ

「薄謝」がもらえる。それだけだ。つまらん!

 

2.○○人に売り払え!

これが「おりこう」な中で、一番小リスクだ。

東京で、危険なのは、○犯○○○、がそこいら中に
あるってことだ。(以下、全て同じ。)
これで完全に「アシ」がつくからな。
東京はもう、『1984年』の世界になっているんだ。

おい!そこの、「ミーハー」なやつ!
「9」は、『Q』じゃないからな!間違えるなよ!

言語?そんなの心配ない。
「買○○信用卡?」
とでも紙に書いて見せろ!

1,000円くらいにはなるだろう。
これで、激安ランチ2回くらい食っておけ!

 

3.買えるだけ物を買え

これは「○○販売機」がベストだ。
「○○ビ○」には行くなよ!理由はわかるな?

「幸い」このカードは「○ー○○○ー○」機能がついている
はずだから、まさに、

打ち出の小槌

だぞ。
機能が止まるまで、毎日使いまくれ!
月◆0万円くらいまではいけるはずだ!

換金?それは「自分で」考えろ!
思いがいたらない愚か者は「現物」で満足しろ!

 

リスクも厭(いと)わない「勇者」のやり方

4.○○を買いまくれ(換金性高し)

これは多少のリスクがある。
○○を買うには、(先述)のあるところが殆どだからだ。
その辺は「あたま」を使え。
これも、基本「力の限り」だ!

で、この先、リスクのとり方が2つある。

まず、高リスク。
a)「すぐに換金する」

これは、リスクが高いぞ。超ハイリスクだ。
でも、「現状の生活に困った」ヤツには最高だ。
(先述)の弱そうなところを狙え。
または□□して、身バレしないようにするんだ。
リスクヘッジとしては○○子を使うというのもあるが、
かなり面倒だ。やりたきゃ、勝手にやれ。
謝礼も必要だぞ。

 

ほとんどリスクなし
b)○年待って換金する

○○時○、ってやつだ。
今時、銀行等の金利なんて「0.02%」とかだから、
「定期預金」したつもりでいればなんてことない。
余裕のあるやつの、未来の「おこづかい」だな。

まあ、そんなところだ。

おっと……、これだけでは、「NIFTY様」から、
「何てこと書いているんだ!」
って警告がくるかも知れんな。

 

お?何か色が変わったぞ。まあ、気にスンナ!

よし、仕方がない。

「落とした人」の対処法

も教えてやろう。

いや、こちらがメインだ。

勘違いするなよ!
いままでのは「余興」だ。
通報、なんかしたらタダじゃおかないからな!

 

とにかく、気がついたら「直ちに」

「カード会社」「電話」だ!

その電話は24時間対応だ。

この意味わかるな?

それだけ重要ってことだ。

 

なに?電話番号がわからない!だって?

そんなもん、104で聞け!

自分のカード会社名くらい覚えているだろう。

そこで、こう泣き叫べ!

「○○カードを無くしました。

窓口を教えてください!」

そうしたら、間違いなく教えてくれるぞ。
でも、カードを落とすような「あほ」なヤツのことだ、
電話番号すらまともにメモできないだろう。

そこで、

「そのままつないでください!」

と言え!

がめつい○○○だから、余計に金を取られるが、
背に腹は変えられない。

おっと……、これは、実態として、
○○○の固定電話だけに通用する技だ。

携帯では、いわゆる3大キャリアでは、
「アタマノケノウスイ」人の会社だけOKなんだ。
何てコッタイ!
特に、○○○○○○!
何考えているんだ!
「身内」の技術を何故流用しない!
だから「殿様商売」って言われるんだ!
反省しろ!

でも、まあ、これが現実だから仕方がない。
とにかく落ち着いて「メモ」をとれ。

それで、カード会社に連絡だ。

そして、カード会社でしかるべき処置をしろ。

その後、「警察に紛失届けを出せ」といわれるだろうから、
言われたとおりにしろ。

お前の出来るのはそこまでだ。
後は、己(おのれ)の愚かさに打ちのめされる日々を送れ!

今度からは、落とさないように、カードに「鎖」でもつないで、
それを首にでも巻きつけておけ!

「便利」「危険」は紙一重だ。

くれぐれも「おりこう」に生きるんだぞ!

では、みんな! また「地方裁判所」あたりで会おう!

さらばだ!

 

……、ん、うん、…う、あ~あ、あ。

いったい何があったんだ?

別にケガもなんもしてないし。

コンビニ寄って帰ろ。

 

おしまい

●●●昨日2月20日(日)のぎざじゅう●●●

出会いなし。

今日もゆっくりできた。

よかった。

ポチッとよろしく!

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2008年11月27日 (木)

Kitaka〔キタカ〕のこと

この間北海道に行ってきた。

生キャラメルもあれだし、なんか面白いものないかなあ

と考えていたら、「Kitaka」があった。

Kitaka

←これは「無記名Kitaka」

…そうそう、記念Kitakaが先月出てデビューだったんだよね。

このブログには記念パスモ系で来てくれる人がとっても多い

ようなので、こういう話題は気になるのだ。

「Kitaka」デザインいいね。

わたしは、無記名「Kitaka」を自動券売機で買いました。

北海道の荒涼とした大地を「ひゅーっ」と飛ぶ『エゾモモンガ』

がとてもかわゆす。

Suicaのペンギンといい勝負なんじゃない?

どちらかというと、わたしはKitakaのモモンガの方が好きだ。

「動き」があるから。

Kitakaはまだまだ北海道の札幌近郊でしか使えないけど、

JR東日本との提携も予定しているようだし、もっていて損は

無いだろう。

…って、無記名カード一時販売停止なんだってね。

いっときの「Pasmo」と一緒だ。

人気あるのが、いいのか、悪いのか。

ま、『エゾモモンガ』くんが増えるのはいいことだ。

交通系カード、もっと連携すればいいのにね。

おやすみなさい。

 【「Kitaka」についてはこちらへ】

  http://www.jrhokkaido.co.jp/kitaca/index.html

※ぎざじゅうの整理は近いうちにやります

| | コメント (0) | トラックバック (0)