« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012年4月 5日 (木)

東北新幹線『なすの』の『グランクラス』に乗ってみました よ

この間のつづきです。

東北新幹線『なすの』の『グランクラス』に乗ります。

一応注意。

【!注意!】

わたしの記事は、どうやら「辛口」らしいので、

気の弱い人、素直な人は読まない方がいいです。

でも、辛口って、うまい言い方があったのね。

ほんとうよ。

ヘンな期待しても、何もないですよ。

注意しましたからね。

【!注意!】


あと、もひとつ。

一応、グランクラス乗るの、2回目です。

「これがグランクラスの真の姿ではない」

といっておきます。

まともなのは、去年の記事、を読んでね。

(エクゼクティブサマリーみたく結論から…)


じゃあ、あらためて。


せっかくなので、列車の始発駅で途中下車しました。

東北本線の郡山(こおりやま)駅です。

Photo

工場じゃ無いほうの出入口


ついでに駅近を、ちょっとだけ歩いてみます。


Photo_2

福島市のひとがいつもお土産にくれるのお店

ここのお菓子が出現すると、

福島の人が今日は来ているんだなあ、と、

都内のごく一部で認識されている。


ここは郡山市。

市…。

まあ、いいや。


寒いから、もう、いいですね。

本当に5分くらいしか歩いてないの。

駅に帰ろう。


では、新幹線ホームに戻りましょう。

Photo_3

グランクラスに乗ろう!!(びっくりマーク2個つき)

郡山駅さんは、

是非グランクラスを利用をしてほしいようです。

券売機前で大アピール。


さあ。みんな!ここで衝動買いをするんだ!

理屈なんかいらない!

さあ!買え!

クレジットだから、金額なんて気にするな!

(かなり危険な思考回路)


しかし、まあ、

異常に大きな※印

が、ひときわ眼をひく。

とても重要なことなのですね?


さあ、

もりあがってまいりました!


自動改札をとおって、ホームに向かいます。

Photo_4

なすの号はこっち

郡山駅始発の、なすの号は、東京方面行きなのに、

なぜか、仙台・盛岡方面のホームから出発する。

と、いうか、

なすの号専用ホーム出発。

折り返し運用だから、そりゃ、そうか。


地元の人は勝手がわかっているのでしょう。


なので、はじめて来た人が、ちょっと迷うか、

もしくは、まったく違和感を感ぜず、

素直にこの指示に従うのだと思われます。

Photo_5

もう来てるよ

エスカレータをあがったら、すぐに、

グリーン車、グランクラスの乗車口近く。

このあたり、グリーン車等利用には、

実に都合よく出来ている。

これは、いい。


では、ドアが開くまで、ホームをうろちょろしてみます。

Photo_6

仙台側16号車(最後尾)

よくみると、ドア下から翼のようにステップがでて、

ホームと車体のすきまをふさいで、

人がおっこちないようにしている。


いわゆるミニ新幹線、の苦肉の…、

ニクイこころ配りだ。

常人にはなかなか出来ることではない。


でも、某メトロ丸の内支線の、

ふんにゃら新橋だか、おすもうさん部屋近くの駅は、

ホームの方からステップが出て来て、

列車にくっついて、人が落ちないようにしている。

しかも、ほぼ完全にすき間をうめている。


駅で対応するのと、車輌が対応するのと、

どっちがコストパフォーマンスいいの?

Photo_7

おはなばたけ状態

さくら満開!

フラワーパワー炸裂。

フラワー長井線(少し違う)。

Photo_8

つながっています

Photo_9

とにかくつなげるんだ!

何をつなげるのかは、あいかわらずよくわからない。

負のスパイラル?

イカリング?


イカリング、と、仮に決めておこう。


で、ざっと16両見渡したところ(ヒマ人)、

この1号車だけ、異常に乗車率が高い。


察するに、

かっちょええE5系さまのご尊顔と一緒に記念写真を撮り、

しかも、ここは他の車輌より定員が少ないので、

なんか、他の車輌より特別な気がするしい~、

自由席だしい~、

ここからあらためて歩くのめんどうくさいしぃ、

そのまんま乗っちゃえ!

という、方々が、多く乗車されているようだ。


この1号車だけ、50%くらいの乗車率。

あとは、…です。


フラワーパワー号は、何のためにつながっているのか?


そろそろ発車時刻なので、グランクラス車輌に向かいます。

Photo_10

なすの号のりば

わかりやすいです。

Photo_11

グランクラスです(右下のちっこいマークが目印)

乗りましょう。


で、定刻。

音も無く発車。いろいろ静かすぎる。


それにしてもあいかわらず、

発車ぎりぎりまでホームでうろちょろしているのは、

健康のために、有酸素運動をしているのと、

ひまだからと、

アレ、だからです。


関係諸氏には、

出来うる限り、ジェントルにしてもらいたいものだが、

なんとかしろ、と言っても、言ってわかる人ならやらないので、

自衛をするしかないのです。

Photo_12

なすの274号ですよ

出発前までは、電光掲示板は動いていなかった。

で、発車後のスナップ。

Photo_13

完全貸しきり状態

やった~!嬉しい! のか?

喜んでいいのか?

本当にこれでいいのだろうか。


これでは、通路で、でんぐり返りをしようが、

全座席の座りごごちをお試ししようが、

完全フリーダム状態。


しかも、専任アテンダントさんがやってきて、

ばかなことやめなさい!

と、叱ってもくれない。

まあ、そのためのお金は払ってないしいぃ。


次の駅を過ぎるまで車掌さんも来ない。

忙しいだろうしね。


でもそのかわり、

防犯カメラがこの車輌での全行為を

隠し撮りしているはずなので

車輌内の治安は守られているはずなのだ。


安心。あんしん。

…って、単に、乗客が監視されているだけでは…。


一縷(いちる)の望みをかけて、座席まわりを見てみます。

Photo_14

スリッパは無いよ!

そうですか…。そうだよね。

で、あらためて気がついたんだけど、

毛布も無い!


これが、普通のグリーン車なら、

ひみつの場所(車輌端の荷だなの上)においてあるのだけど、

どうやら、それすらない。

…あ!

Photo_15

あの場面をもう一度…

Photo_16

拡大!(ものすごく自覚があるらしい)

きちんと、書いてあるじゃん!

て、ことは、

こいつのアメニティーは、

通常のグリーン車以下!?


さすが、

シートのみの営業!


納得。

誰得。


終了。


たんすさん、なすののグランクラスに打ちのめされるの巻、

は、ここにめでたく完了しました。


予定よりも時間が早くおわりましたので、

おひまな方は、

「楽しかった栄光の『グランクラス』(平成23年作)」

をお楽しみください。


以下は、

珍プレイ集、たんすさんのぐち100連発です。

(特殊な電波でお送りしています)


……で、ね、

もう、かなりいろんなやる気を失ったので、

泣く泣く智恵子の空を眺めているわたしがいる。


ああ、普通の空だ。

ほんと、も、うそもないじゃん。


気が付いたらもう宇都宮。

ぎょうざ、浜松やん。

うなぎがあるのに、空気読めよ。ったく。

水窪まで市内って、やりすぎやろ。

とか、言うのかなあ。誰が?

いや、栃木弁、こんなんじゃ、ないよね。


あーあ、

素直にはやてで帰ればよかった、のかなあ。


とか、なんとか。


それでね。お客さん、他にはひとりしか乗ってない。


それにしても車掌さん、2回しか来なかったよ。

いや、2回も来た、のか。

しかし、完全素通り。


そりゃあ、

プライベートなくうかん、を、侵害するまい、

とのやさしさなんだろうけど、

仮に、

毛布ください、

と言おうにも、

秒速5mくらいの速さで歩かれちゃ、

声もかけられない、ってーの。


でもね、

今回、ひとつ、よくわかったことがある。

グランクラスの、シートの感覚だ。


うーん。

これは、どこかで感じたような…。

そうだ!

歯医者さんの椅子だ!


はい。倒しますよ。(シートを倒す。45度(笑))

大きく口を開けて…。あーん。

(読書灯で顔を照らして)痛かったら手を上げてね。

って、

これ、新車だから革シートがまだこなれていなくて、

感覚が似ているんだ。

歯医者さんごっこに、ぜし!


なのか?

というわけで、大宮で降りる。

Photo_17

乗った記念です

という感じでした。

1時間ちょっと。

ありがとうございました。


【いらぬ分析コーナー】

~『なすの』の『グランクラス』はオトクなのか?~


なすの、のグランクラス料金は、

他の列車のグランクラス料金に比べて、

2,000円安い。

ぴったり、2,000円安い。


これは、専任アテンダントの人件費、

軽食・ドリンク費とスリッパとか代、を削った分、

なのか?


仮に売価、軽食1,000円、ドリンク600円として、

残った専任アテンダント費400円/一人一席。


片道座席数18席×400円=7,200円

往復14,400円。

拘束時間9時間として、

時給換算1人あたり1,600円(ここからさらに控除)。

超、なまなましすぎるう~!

(これはてきとうだから、さらりとながしましょう)


また、見方を変えると、

グリーン車よりも、3,000円も高い。

ぴったり、3,000円高い。


で、結論。(あくまで私論。言うまでも無く。)

このままだとグランクラスが誤解される。

現状を続けていいの?


現状なら、グリーン車プラス1,000円がいいところ。

2,000円プラスでもギリギリ我慢できるか。


シートのみ営業、って、

理屈はわかる。


でも、仮に、『なすの』でのこの営業形態を、

『グランクラス』の「エントリー商品」と位置づけているなら、

大間違いでしょ。


エントリーに、全くなっていません。


誤解を恐れずに言えば、

なすの、のグランクラスって、

やる気ない、でしょう?


そもそも、

E5系運用で、手待ち時間ができたから、

というより、

この時間のダイヤが、E5系に、なっちゃった、から、

もったいないので、

仕方なくこの『なすの』の運用があるんじゃない?

だから、意味も無く、16両フル編成。

盆暮れ以外、完全にオーバースペック。


だけど、「さおだけや」だから、どーでもいい。


で、

仕方なくグランクラスを営業しなくてはいけなくて、

そしたら値段をつけなくてはいけない。


さりとて、ブランドイメージがあるから、

安売りも出来ずに、

運行時間が短いから、

食事サービスなんか、絶対ペイしないし、

とりあえずそれなりに値段は安くしておこう。

あ、

折り返し地点でアメニティの入れ替えが出来ないから、

(やると金がかかる)

東京駅でアメニティ、全部とっぱらえ!

しまった!毛布まで取ってしまった!

これは…えーっと、

…でも、座席はきれいでしょ?文句あるか?

座席と空間の提供で3,000円だ(グリーン料金に加えて)。

仕方がないんだ。理解しろ。

いやなら、乗るな!(最近この手合が多くないか?)

毛布ごときが欲しければ、名乗り出よ!

グリーン車から持ってきてやる。

とにかく、座席のみの営業なんだ!

がたがた言うな!

が真相では、ないのですか。


これでは、吉永さん、泣いちゃうよ。


『グランクラス』は、こんなんじゃないよ。

食事は、選択式にしてね、と以前言ったけど、

雰囲気までとっぱらって、とは言ってないよ。


このあたり、

鉄道専門誌とかでは、

すでに言及されているのかもだけど、

かなり、残念でした。


なすの、のは、高い

おわり。


また、あえて書かないけど、サービス運用において、

かなり爆弾的なポイントも見つけました。

突っ込まれたら、痛いと思いますよ。


これは、確かに、シートのみの営業だわ、と、

泣けてきたもの。


でね、

ここまで書くなら、直接会社に言えば、いうかもだけど、

貴重な指摘を、自分でお金を払って伝えるの?

フリーダイヤルでもいやです。

ホントかウソかわからない、怪しい愚痴の垂れ流しを、

真贋も含め会社が勝手に分析すればいいと思うの。

やる気があるなら。


なので、悪いこといわないから、

みなさまにおかれては、

グランクラスを楽しみたい、なら、

なすの、はやめておいたほうがいい。


重要なのでくりかえします。

いろんな誤解を招きますよ。このままだと。

誰に言っているのかともあれ。


しかし、お金があって、裕福な移動をしたいのなら、

E5系はかなり、設備は整っています。

やはり、グランクラスにおいては、

相当なプライベートな空間は確保できます。

偶然乗り合わせる人の保証はできないけど。


あらためて言いますが、

E5系のグランクラスシートは、よく出来ていると思います。


ただ、

現状の運用のように、もったいないからとりあえず使っておく、

であれば、

ちょっと、厳しい評価をつけざるを得ないと感じました。

今後の展開に期待します。


値段下げる?

グランクラス、閉鎖して運用する?

いらんクラスとか、言われても知らないよ(ゆうとるやんけ)。

Photo_18

トイレはTOTO

でした。

積年の疑問解決。


みなさん!

グランクラス、サービスつきの、ぜひ乗ってみてね!

(もちあげておわる)

●●●4月4日(水)までのぎざじゅう●●●

出会いなし。

3日(火)は風雨がすごかった。

台風よりすごい。すごすぎる。もういらない。

ポチッとよろしく!

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »